産後のダイエット

産後のダイエットは、赤ちゃんを産んだばかりの女性にはやはり気になるものです。体重は戻ったのに、体型は戻らないなんていう方も多いようです。
妊娠中は、どうしても運動はもとより、普段から動くことが少なくなりがちです。
そして、お腹が大きくなるため、体をねじることもしにくくなるし、ひとつひとつの動作がゆっくりになります。
そうしていると、どうしても筋肉量が落ちて基礎代謝も下がってしまうため、カロリーを消費しにくい体質になってしまうのです。
おまけに、骨盤が一時的に開いた状態なので、お尻が大きくなったり、下腹部が出たりといった原因にもなります。
産後のダイエットでは、ついついあせってしまいがちですが、絶対に無理をしてはいけません。
あとあと体調を崩したり、基礎代謝をさらに低下させてもっと太りやすい体質になってしまいます。
だから、基礎代謝を元に戻す努力をしないまま、摂取カロリーをカットするようなダイエットは厳禁です。
はじめに、食事はちゃんと3食摂ります。ただし、過食や間食には注意です。
開いた骨盤を締めるために、下腹部にコルセットやサポーターをつけましょう。座るときは脚を組まずに、姿勢を正します。
妊娠中はなるべく代謝を落とさないように、マタニティースポーツをしたりすると、大きく体型を崩すことも少なくなります。

太りやすい体質になってしまいます

産後ダイエット、あなたはどのようにしているでしょうか?
体重は戻ったのに、お腹のぽっこりが戻らないなんていう方もいるようです。
妊娠をすると、運動はもちろん、普段ちょっと体を動かすことも制限されることが多くなります。
お腹が大きくなると、体をねじったりすることもしにくくなります。
すると、筋肉も衰えてしまうので、基礎代謝が下がり、太りやすい体質になってしまいます。
その上、骨盤が一時的に開いた状態になるので、お尻が大きくなったり、下腹部が出てしまう原因にもなります。
産後は、早くもとの体型に戻したいとあせる気持ちはわかりますが、無理なダイエットはいけません。
無理なダイエットをしていると、後々体調をくずしたり、基礎代謝をさらに低下させてもっと太りやすい体質になってしまいます。
この様な理由から、産後ダイエットでは摂取カロリーだけをカットするのではなく、基礎代謝を戻す努力が必要です。
食事はカロリーを気にするより、バランスよく食べるようにします。
また、産後は骨盤が開いた状態にあるので無理に動きすぎたりせずに、リフォーム下着を着けて、ストレッチや軽い運動をしましょう。
産後ダイエットは、体重だけではなく、筋肉量を元に戻すようにすると、体が消費するエネルギーが増えて自然にやせられるようになります。

産後のダイエットについて、あなたは心配ではありませんか?

産後と切り離せないのがダイエットですね。
体重は戻ったのに、体型は戻らないなんていう方も多いようです。
妊娠をしている間は、運動はもとより、普段から体を動かすことも少なくなりがちです。
そして、お腹が大きくなるため、ひとつひとつの動作がゆっくりになり、体をねじることもしにくくなります。
それでは、当然筋肉も落ちますので、基礎代謝量が減り、カロリーを消費しにくくなってしまいます。
その上、骨盤が開いた状態なので、下腹部が出たり、お尻が大きくなってしまう原因にもなります。
産後は、元の体型に早く戻したい気持ちはわかりますが、決して無理なダイエットをしてはいけません。
体調を崩したり、ますます基礎代謝を低下させて今以上に太りやすい体質になってしまいます。
したがって、産後ダイエットでは摂取カロリーだけをカットするのではなく、基礎代謝を上げる努力をしましょう。
授乳期の食事は特に、カロリーを気にするよりもバランスを考えて食べるようにします。
骨盤を締めるために、コルセットやサポーターを巻きましょう。また、座るときも姿勢を正して座ります。
産後の体の回復を考えながら、2〜3ヶ月してから体重が落ちるようにすると良いですね。

スポンサードリンク